tobihiro’s blog

神の道online

攻殻のハリウッド映画がクッソつまらなかった。

ツイッターに思いのたけを書き連ねたので、せっかくだしコピーしておきます。

ネタバレありです。

 

 

半端に設定残したり元作品リスペクトした要素いれると違うところがクッソ気になって良くないから、もっと全然違う話にすればいいのにって思う。

 

いや、それにしたってさ… アレだよな。僕が攻殻好きなところがなんかマルっと変わってるから気に入らねぇんだな…ツイッターみてると気に入ってる人もいるようなので、実写ドラゴンボールは言いすぎたかもしれない。

 

いや、まった。僕の中で実写ドラゴンボールの評価は、世間の評価より高いんですよ。僕は割と好きなんですよ、実写ドラゴンボール。ソコとは同じくらいだよ。

 

SACの話を元に映像的には押井一作目の映画リスペクトで作られてるってところがもうなんかそもそもチグハグだし…

 

後、俺、結構少佐好きだったんだなって事に気づいた。少佐のキャラや設定が変わっててなんか本当に気に食わなかった。バトーとトグサとサイトウは良かったと思う。荒巻は荒巻というよりいつも通りのたけし。

 

SACの話やってるから「あーちゃんと色々しらべてんだなー」とは思いましたけどね。色々邪推しちゃうよね。押井1作目じゃよく分かんねー話だからPが「恋愛話にしようよ」とか言ってSAC引っ張ってきたんじゃないの、みたいなの勝手に邪推しちゃうよね。違うかも知れませんけどね。

 

映画としては単純にストーリーの密度がうっすいのも気になるんだよな…

 

僕は攻殻義体化が受け入れられてて、その辺り特に説明なくみんなサイボーグみたいな世界観が好きなのに「え、お前義体化すんの?マジで…」みたいなノリだったり、義体化した事を「可哀想…」みたいなノリでしゃべってるのが本当に気に入らなかった。

 

なんでわざわざ未来の話してるのに数十年前の価値観まで立ち戻らなきゃいけないんだよ。現代ですら前向きなサイボーグ化の話がいくつもいくつもあるのに。ふざけんなよ。未来の話やってんだろうが。

 

少佐は少佐で… おりゃああの超然とした少佐が大好きだったんだなぁ… なんかもうすっげぇフッツーというかなんというか… 「人間味があっていい」みたいなツイートも見かけたけど、人間味のある少佐がいいわけねぇだろうがアホが!!!!!

 

どこが「少佐」やねん!全然場数踏んでない糞一兵卒にしかみえねぇんだよ!

 

クゼはクゼで… なんかただのクソザコになってたな…

 

押井一作目だって恋愛話じゃね。人形遣いにほだされる話でしょ。バトーがフラれる話だし。

 

つーか、映画の中でクゼがゴーストハックしてるんだけど、それってただひどい奴じゃん、クゼ。ただの犯罪者じゃん。押井一作目の話を無駄にまぜるから。

 

話の流れも本当に陳腐で何の示唆もない。復讐をはたして「これが正義だ」って少佐、あんた何言ってんだよ。なあ。

 

本当につまんなかったなぁマジで。設定とか使わないで全然違う話だったら楽しめたかもしれないのに… なんで中途半端に似た話にするんだ… アホなんか…